一目置かれるパパになる!そうめんのゆで方隠し技

作るのが簡単で、子供と一緒に楽しみながら、かつ作るのが簡単!
そんな夏の代表的な食べ物といえば、もちろんそうめん。

普段料理をしないお父さんにとっても、子供がおいしく食べてくれるので、ものすごく助かりますよね。

本日は目覚ましテレビで紹介されていた、そうめんの第一人者、ソーメン二郎さんの「おいしいそうめんの作り方」を紹介します。

ソーメン二郎さんについてはこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)

おいしいそうめんの作り方4つのポイント

1 お湯に◯◯を入れる

ゆでる際に、お湯にあるものを入れると、そうめんにものすごく腰が出るそうです。

そのあるものとは?

なんと梅干しです。

実際やってみると、固すぎず、ほどよくそうめんにコシが出る感じです。

こういうちょっとしたひと手間で変わるのは、お父さん心をつかみますね。

2 なべの対流にまかせる

ポイント2は、なべの対流にまかせる。
菜箸で、鍋をまぜないようにします。

これは、鍋の底にくっついたり、端っこがほぐれなかったりするので少しはまぜたいです。

対流が発生するのは、ある程度の強火が必要なので、大きめの鍋とたっぷりのお湯が必須ですね。

3 すばやく冷やしもみ洗い

ゆでた後は、冷水ですばやくもみ洗い。こうすることで、そうめんが引き締まり、コシがさらに強くなります。

普通ですね。

4 氷水に浮かべるのは禁止

これは、すごい意外でした。
そうめんは今でも、氷水に沈んでるものだと思ってますし。

氷水に浮かべてしまうと、小麦の風味がなり、のびるのも早くなるのだそうです。
じゃあ盛り付け方は、ざるそばみたいなイメージでしょうか?

実際食べた感じは?

スッゴいコシがある!と紹介されてました。

ゆですぎてふにゃふにゃに…などと意外と失敗することもあるそうめんです。

いつもとちょっと違うお父さんを見せるために、この夏、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、ソーメン二郎さんのこの夏おすすめのそうめんは、フルーツポンチそうめんだそうです。

こちらもぜひ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)